読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ここの管理人のうたらぼが 「(Web)アプリを作ろう!」というサイトを作りました。
こんな のも作れます。 詳しくは こちら!!

たすくまとhabiticaで、人生ゲーム?

f:id:utalab:20170221015258p:plain

「たすくま」を1年以上使っています

「たすくま」は、タスク管理とライフログになるiPhoneアプリです。

 「たすくま」のおかげで、忘れ物など少なくなりました。必ず同じチェックをもれなくやるので、間違いないです。

  「たすくま」では、毎回タスクのスタート・ストップを行います。ま、最初は面倒だったのですが、すっかりなれました。むしろ、記録ができなかったことの後悔がイヤでやっているところもあります。あと、グーグルカレンダーと連携できるので、たとえば、睡眠などは赤色にしたり、見ているだけで楽しいです。

「たすくま」を使っても改善されないこと

ある程度の行動は、ルーチン化されているのでいいですけど、なぜか本とか録画したテレビなどは、計画にいれていなかったりします。録画番組を見たくなったら、あらかじめリピートタスクに用意していた「テレビ」というタスクを呼び出して、開始。録画番組を見終わったら、終了。番組の選択は、HDDレコーダーを起動してから探します。ようするに、いきあたりばったりです。

 本にしても、読む予定を決めていないので、1週間読まなかったりします。

 勉強にしても、結局、後回し。。。

せめて、1週間分の具体的な行動は予定しておきたい

今問題なのは、HDDレコーダーの未視聴録画番組がたまっていることと、雑誌がたまっていること。「やめちゃえば?」という意見もあるでしょうけど、ま、そこをなんとかしようと考えています。

 で、具体的に1週間以内に見たい番組をリストアップしました。

そして、「たすくま」に一括登録して、あとで、視聴時間を登録しました。

 そのあと、日付を未来にしておいて、当日の朝に見たい番組をピックアップします。

そのうち、雑誌とか本などもやってみます。

ただ、具体的にしたところで、行動しますか?

結局、「どうやったら行動する意識になるか?」ということで、やっぱりゲーム感覚でできるのがいいですよね。

ゲーミフィケーションという考え方

書籍などでいろいろと読んだことがありますが、自分で設定するのも大変。なにか、よいものはないか。。。と探していると、「habitica」というものがありました。

habitica.com

ロールプレイングゲームとして、友達とモンスターと戦うこともできます。

 ほかにもいろいろあるようですが、個人的には、ドラゴンクエスト1の主人公一人でやるイメージですね。

 「敵を倒す」ということではなくて、どれだけ自分の設定したイベントをやったか、TODOをこなしたか、日課、習慣など、「自分の中の怠け者を倒す」という感じかな?

 キャラクターを成長させるために、自分が協力しているという感覚というか、キャラクターの成長がみたい、という期待もこめて、自分が行動しやすくなりそうです。

経験値をつもう!

実生活でもそうですけど、いろんな経験をしたほうがいいですよね。

ゲームで経験値をつむには、自分で設定したイベント(TODO)をこなすだけです。

 「たすくま」に一括登録した録画したテレビ番組をTODOに一括登録しました。

その他のTODOも、たすくまとHabiticaに一括登録するといいですね。

 その登録するということが面倒かもしれないですが、1週間に1度ぐらいにしておきます。

 Habiticaは、設定次第で、レベルアップが簡単にできるかもしれません。ま、そこは自分に正直にならないと、意味がないのと、他人と競争しても、意味がないと思うので、ここは、長期的に自分で楽しむというほうがいいですね。

というわけで、やってみます。

さてさて、どのようになっていくか、自分でも楽しみです。

iPhoneアプリもありますし、URLスキームもありますので、たすくまから呼び出すこともできるようです。

akio6o6.hateblo.jp

※ひさびさにブログ書いた!