【ジモティー】【本】生き残り価格設定術

f:id:utalab:20200905153840j:plain

アイテム状態

  • 良好
  • 発行日:2019年3月10日 第1版第1刷

アイテム内容

目次

  • はじめに 1%の価格戦略 価格と利益は直接つながっている
    • 価格は利益拡大のチャンス
    • あらゆる企業に役立つアイディア
    • より良い価格設定は、値上げだけではない
    • 価格をもとにした分析が値下げにつながることもある
    • 選べる支払いプラン 休眠顧客を活性化させる
    • 価格の多様化 顧客によって望む価格は異なる
    • シリーズの活用 商品を多様化する
    • サウスウエスト航空における1%の価格戦略
    • 価格設定は成功に不可欠なもの
    • より良い価格設定は顧客のためにもなる
    • 利益と成長のための価格設定の全体像
  • パート1 価格設定の基礎:価値をもとにした価格設定
    • 価格設定に商品の価値を反映させる
    • 第1章 顧客の視点で価値をとらえる 利益と成長のための価格設定の基礎
      • 価値をもとにした価格:より良い価格設定の基礎
      • 価値をもとにした価格が変わる6つの理由
      • 価格戦略から利益を得るための基礎となるステップ
  • パート2 価格設定の戦略
    • 価値をもとにした価格は、始まりに過ぎない
    • 利ザヤを拡大し、顧客を増やす価格戦略
    • 価格設定を活かす戦略
    • 価格設定を活かす戦略の例
    • 第2章 選べる支払いプラン 新しい顧客を引きつける16の支払いプラン
      • 休眠顧客が目覚める新たなプラン
      • 新たな所有権の選択肢の提供
      • 不確定な製品の価値への対応
      • 価格保証の提供
      • 金銭面などの制約の克服
      • 画期的な価格設定を打ち出すビジネスジェット会社
      • 選べる支払いプランの強み
    • 第3章 シリーズ化 1つの核となる商品をもとに、少しずつ異なる商品を用意する
      • 「お客様にぴったりの商品があります」
      • シリーズ化の価格手法
      • 高級タイプ
      • 付加価値を減らしたタイプ
      • 特定の顧客のニーズ
      • B・B・キングの1 +1を3にするパッケージ販売
      • シリーズ化と価格戦略
    • 第4章 異なる価格設定 同じ商品であっても、顧客によって価格を変える17の手法
      • 多様な価格が顧客を引きつける
      • 1つの価格では、販売機会を失っている
      • ハードル
      • 顧客の特徴
      • 販売の特徴
      • 販売のテクニック
      • 視野を広く保つ:値引きがより大きな利益につながる
      • 異なる価格設定と価格戦略による利益
  • パート3 実践:価格を使って利益と成長を実現する
    • 価格設定による業績拡大戦略
    • 第5章 攻めの価格設定 価格設定による業績拡大戦略を策定する
      • 最終的な目的:価格設定による業績拡大戦略
      • オレンジ社の価格設定による拡大戦略
      • 消費者向けビジネスにおける価格戦略の7つのステップ
      • 価格設定による拡大戦略のテンプレート
      • マルコポーロ方式による価格設定
      • 小売業向けの卸売価格を設定する
      • 価格設定による拡大戦略が業績の拡大につながる
    • 第6章 守りの価格設定 景気後退、インフレ、新たなライバルの脅威に備える
      • 結束力のある価格戦略でインフレを乗り切る
      • 守りの価格設定を実施すべきとき
      • 景気後退時の価格設定
      • インフレ時の価格戦略
      • 新たなライバルが市場に参入してきたときの価格調整
      • 景気後退、インフレ、新たなライバル
    • 第7章 利益を生む文化を育む ビジネス環境を整えることで、価格設定を最大限に活用できる
      • 企業環境が利益と成長を促進する
      • 哲学 不文律を破る
      • 基盤 商品への自信を培う
      • 経常的な習慣 利益のための最善の行動
      • 利益と成長に資するビジネス環境を作る
    • 第8章 価格設定の6つの段階 利益と成長のための行動計画を立てる
      • 価格設定のスタートボタン
      • 段階1 利益と成長のための価格設定を進めるための心構えを作る
      • 段階2 価値をもとにした価格を設定する
      • 段階3 異なる価格設定を実現し、さまざまな価格を提示する
      • 段階4 商品のシリーズを作る
      • 段階5 選べる支払いプランの選択肢を用意する
      • 段階6 経常的な習慣でより良い価格設定を維持する
      • さあ、利益拡大を実現する時が来た

参考ブログ

junyatakemura.com

アマゾン

ダイレクト出版(出版・販売)

www.directbook.jp

ジモティー

jmty.jp

※取引終了で削除される場合があります。

自作Webアプリ

こちらから出品一覧をチェックできます。