ここの管理人のうたらぼが 「(Web)アプリを作ろう!」というサイトを作りました。
こんな のも作れます。 詳しくは こちら!!

出張買取専門業者(個人事業主)に提案してみよう!

郵便受けには、チラシがいっぱい!

郵便受けには、いろんなチラシがはいってきます。ほとんど迷惑!

興味がないものは、即!ゴミ箱行きです!

不動産とかいりません。

でも、スポーツジムのチラシとか、一瞬考えたりしたり。。。

 

なかでも、不用品買取・回収のチラシは、注目していました。

 

時間があれば、ヤフオクとかメルカリやればいいですけど、

なんだか面倒で、まるごと業者に頼みたいと思っていました。

でも、業者に頼むにしても、なかなかふんぎりがつきません。

 

過去には、ハンマープライスJPだったか、近所にあるところに申し込みましたが、

なかなかあとの連絡がありません。

 

某、なんでも買い取ってくれるという業者に連絡してみたところ、

数か月待ちとかで、住所を教えておきましたが、連絡が全くありません。

 

チラシにしても、なんだかごちゃごちゃ情報があって、頼む気になりません。

某リサイクルショップのチラシが郵便受けに。。。

先日、某リサイクルショップのチラシが郵便受けにはいっていました。

A4用紙サイズでカラー両面

まず、「回覧板」と、左上に書かれた文字が気になりました。

「え、別に回覧板じゃないしー」「なぜ回覧板?」謎です。

というか、キャッチー?

「緊急のご案内」と書かれると、「緊急かな?」と、ふと思ってしまいます。

「今までは捨てるしかなかったこんなモノまで、、買い取ってもらえるのか?」

と書かれると、なんでも買い取ってもらえると、期待しました。

 

カラー写真付きの事例が6つ。なんか期待してきます。

 

左下に、文言。

「不用品を現金に変えて新しい思い出を作りませんか?」

もう、現金に変えたい気持ちです。

 

右下に担当者の顔写真とお店の名前。

「〇〇本店」とあるけど、一人でやっていても、

一応本店ではあるよね。

たしか、ニトリの創業の頃は、本店でなく北支店といって、

本店がないのに、大きな店と思わせたらしいです。

 

そして、裏面に、「皆様の声」

3件手書きのメッセージがあり、50代、50代、40代の女性

リピーターの方もいて、好印象のチラシです。

 

そして、裏面最後は、夏休みキャンペーンとして、

5日間限定の査定金額のアップ。

期間限定の時期に頼むことで、お客様は、お得感があります。

でも、査定金額をアップしても、元の査定の根拠が絶対的でないので、

あてにはしないほうがいいいでしょう。

 

全体的に、シンプルな感じがして、ひょっとして、ネットのランディングページをチラシに置き換えたような気がしました。

こんなだったら、もっといいかも

リピーターがいるということは、ファンがいるということ。

個人的にも、なんでも買い取ってくれるなら、リピートすると思います。

 

個人的には、ミニマリストになりたいと思っても、

なかなかいろいろ買ってしまいます。

処分ができないから、モノがたまってくる。

 

物欲がなければ一番いいけど、そうなるまでには長い時間がかかるかも。

そこで、気楽に買い取ってもらえる業者がいれば、安心します。

 

また、長くお付き合いしたい業者であれば、

それなりに対応したくなるものです。

その業者さんが忙しければ、暇な時期に連絡するとか。

 

もっとも、忙しいか暇かは、

その業者さんがメルマガなどで情報発信しないとわかりません。

 

あとは、ファンとなったら、仕事ぶりとかいろいろと知りたくなります。

 

仕事に関する取り組み方とか、

仕事に関する情報をメルマガなどで発信すると、

うれしいですね。

 

できれば、メルマガだけではなくて、

いろいろなことをやってもらうのもいいかもしれません。

 

会員制サービスとして、なんかできるとおもしろそう。

 

メルマガなど、会員制のツールとしては、こちらがいろいろ便利そうです。

ダウンロード販売&会員制サイト構築システム『トーマス』 | ダウンロード販売や会員制サイトの構築を簡単に構築できるサーバーインストール型のオールインワンシステムです。

というわけで、連絡してみました。

電話で話すと、チラシで好印象をもったせいもあってか、

余計に好青年のような気がしてきました。

 

さて、実際どんな対応してもらえるか、楽しみです。

いらないもの全部、引き取ってくれるとうれしいなぁ。

週次レビューには、いいかも! habiticaとかたすくまとか

f:id:utalab:20170307074426p:plain

habiticaを使って2週間たちました。

スコアとしてグラフ表示できますが、ちょっとグラフののびが少なくなっています。

habiticaの説明を読んでみると、日課はある程度なれてくると、ポイントが少なくなってくるとか。

あとは、TODOを設定して、設定してから時間がたったタスクを実行すると、ポイントが高いとか、いろいろ考えられているようです。

たしかに、慣れてくると、スピードも速くなったり効率化できてきて、生活の一部になるようなもんなので、ポイントは低くなるのはしょうがないかも。

となると、新規のタスクを増やすか、新しいことにチャレンジしていくと、ポイントは増えそうです。

 

たすくまのチェックついでに、該当するhabiticaのタスクもチェックします。

たすくまがなかったら、なかなかhabiticaのタスクチェックはしなかったかも。

つねに、たすくまでチェックしているからこそ、ちょっとついでにチェックができるのも、たすくまの習慣があるからかも。

 

さて、1週間後にスコアのグラフを確認する楽しみができました。

それと、週次レビューは、まめにやろうと思います。

たすくまとhabiticaで、人生ゲーム?

f:id:utalab:20170221015258p:plain

「たすくま」を1年以上使っています

「たすくま」は、タスク管理とライフログになるiPhoneアプリです。

 「たすくま」のおかげで、忘れ物など少なくなりました。必ず同じチェックをもれなくやるので、間違いないです。

  「たすくま」では、毎回タスクのスタート・ストップを行います。ま、最初は面倒だったのですが、すっかりなれました。むしろ、記録ができなかったことの後悔がイヤでやっているところもあります。あと、グーグルカレンダーと連携できるので、たとえば、睡眠などは赤色にしたり、見ているだけで楽しいです。

「たすくま」を使っても改善されないこと

ある程度の行動は、ルーチン化されているのでいいですけど、なぜか本とか録画したテレビなどは、計画にいれていなかったりします。録画番組を見たくなったら、あらかじめリピートタスクに用意していた「テレビ」というタスクを呼び出して、開始。録画番組を見終わったら、終了。番組の選択は、HDDレコーダーを起動してから探します。ようするに、いきあたりばったりです。

 本にしても、読む予定を決めていないので、1週間読まなかったりします。

 勉強にしても、結局、後回し。。。

せめて、1週間分の具体的な行動は予定しておきたい

今問題なのは、HDDレコーダーの未視聴録画番組がたまっていることと、雑誌がたまっていること。「やめちゃえば?」という意見もあるでしょうけど、ま、そこをなんとかしようと考えています。

 で、具体的に1週間以内に見たい番組をリストアップしました。

そして、「たすくま」に一括登録して、あとで、視聴時間を登録しました。

 そのあと、日付を未来にしておいて、当日の朝に見たい番組をピックアップします。

そのうち、雑誌とか本などもやってみます。

ただ、具体的にしたところで、行動しますか?

結局、「どうやったら行動する意識になるか?」ということで、やっぱりゲーム感覚でできるのがいいですよね。

ゲーミフィケーションという考え方

書籍などでいろいろと読んだことがありますが、自分で設定するのも大変。なにか、よいものはないか。。。と探していると、「habitica」というものがありました。

habitica.com

ロールプレイングゲームとして、友達とモンスターと戦うこともできます。

 ほかにもいろいろあるようですが、個人的には、ドラゴンクエスト1の主人公一人でやるイメージですね。

 「敵を倒す」ということではなくて、どれだけ自分の設定したイベントをやったか、TODOをこなしたか、日課、習慣など、「自分の中の怠け者を倒す」という感じかな?

 キャラクターを成長させるために、自分が協力しているという感覚というか、キャラクターの成長がみたい、という期待もこめて、自分が行動しやすくなりそうです。

経験値をつもう!

実生活でもそうですけど、いろんな経験をしたほうがいいですよね。

ゲームで経験値をつむには、自分で設定したイベント(TODO)をこなすだけです。

 「たすくま」に一括登録した録画したテレビ番組をTODOに一括登録しました。

その他のTODOも、たすくまとHabiticaに一括登録するといいですね。

 その登録するということが面倒かもしれないですが、1週間に1度ぐらいにしておきます。

 Habiticaは、設定次第で、レベルアップが簡単にできるかもしれません。ま、そこは自分に正直にならないと、意味がないのと、他人と競争しても、意味がないと思うので、ここは、長期的に自分で楽しむというほうがいいですね。

というわけで、やってみます。

さてさて、どのようになっていくか、自分でも楽しみです。

iPhoneアプリもありますし、URLスキームもありますので、たすくまから呼び出すこともできるようです。

akio6o6.hateblo.jp

※ひさびさにブログ書いた!

Web系の仕事で、「住込」で働ける!?

ハローワークに行ってパンフレットもらったんですが、インターネットで公開することを了承した事業所は、ネットで検索できるんですね。

www.hellowork.go.jp



いろいろ見てみると、詳細条件の中に、「住込」がありました。

以下の条件で検索してみました。※2016年1月21日現在

求人情報の種類:一般(フルタイム)
都道府県/市区町村名:1.東京都/
希望する産業:情報通信業
詳細検索条件 - 住込:あり

該当結果は、2件

1件は、新聞の配達など。
もう一件が、ホームページ制作など、やっている会社!

「住込」という状況は、会社でも寝泊りできて生活できるということ?

家に帰れないぐらい忙しいから、「住込」状態ということ?

聞いたことないだけに、ちょっと興味がありますね。
なんか間違ったのかな?

ということで、ひさしぶりにびっくりしました。

エキスパでXML連携

エキスパ」で「XML連携」というものがあります。


所定のメールアドレスに
XML形式のメールとして送信すると
指定したメルマガに登録する、というものです。


今回自作のレポートセンターに追加しました。


うたらぼ無料レポートセンター(メール版)


ちなみに、「XML連携」はオプションとなっており、
1ヶ月1800円となります。


そういえば、自作の「お問い合わせフォーム」もあるので、
それに組み込むのもいいですね。

「チャモ」というチャット接客システム

エキスパ」では、「チャモ」というチャットシステムを
テスト的に使っています。


チャモ


右下に、文字入力部分が表示されており、

営業時間になると、チャットシステムか稼働。
チャットを受け付けるようになり、

営業時間外であれば、メールとして受け付けられるように
なっています。


ちょうど聞きたいことがあったので、
問い合わせてみました。


すると、

 「ただいま相手先が入力中。。。」

と、表示され、その後、チャットで回答がありました。


「すぐに回答を聞きたい」

という場合は、チャットは便利ですね。


チャットで受け付ける側も便利です。

もちろん、チャットが有効になっているときは、
すぐに対応しなければなりませんが、
その場で、すぐに回答できるので、
お互いにすっきりします。


ちょっと前にテレビで見たんですが、
中国のネットショップでは、
チャットで受け付け対応することが多いそうです。

中国らしく人海戦術です。

サイトを見て、その場でチャットで質問できるのは、
お客様にとっては、便利ですね。

それですぐに商品の購入となると、
チャットシステムを導入するとよいと思います。


もちろんネットショップでも、
電話対応はあったほうがいいです。

でも、やっぱりラインなどに慣れてきている人であれば、
チャットは便利。

また、メールなら、
ある程度定型文とか気を遣う部分がありますが、
チャットはその分はほとんど必要ないし、
すぐ回答がわかるので、メールほど待つこともないですね。


個人的になにか商品販売するなら、
チャットシステムはあってもいいかな、と思いました。

APIもあるので、いろいろ面白いことができるかもしれません。

チャモ